空室対策案内

物件により収益性や改善点は様々です。運用実績を見ながらオーナー様に空室対策提案を行うことも私たちの使命です。
空室を改善するにあたって、まず4つのアプローチで考えます。

空室対策空室対策

CASE01リーシング(入居者募集)

・インターネット上で物件情報を公開します。
・大手及び地元の提携仲介不動産会社様へ積極的に募集依頼します。
・空室に家具等を設置する事で、モデルルーム化し、案内時に良いイメージを記憶に残します。

家具等を設置

CASE02テナントリテンション(入居者保持)

・エントランスや共用廊下の環境を整備し、快適な住空間をご提供
・ご入居後のアンケートからお困りごとを素早く解消
・契約更新時の入居者サービスとして、エアコンの交換やモニター付ドアホンの設置を行い、退去を抑止します。
・ご入居者様のクレーム、お困り事を24時間体制で対応致します。

ドアホン・エアコン

CASE03リノベーション

築年数を経た物件には、リフォーム部と企画立案し、ご入居者のニーズに合わせた抜本的なリノベーションをご提案します。(間取・外観・外構・設備仕様の一新)

空室対策
空室対策

CASE04募集条件改定

季節要因が強く働く、京都の市場状況の「今」を見極め、適正な募集条件をご提案

適正な募集条件

お問い合せ電話番号
PAGETOP